狭小住宅の窓口のメイン画像

狭小住宅ってどんな家?

狭小地を有効活用した"ライフスタイル"重視の住まい

都心の利便性のいい暮らしが理想的。
無駄のないコンパクトな住まいがちょうどいい。

こんなライフスタイル重視の暮らしを叶えてくれるのが「狭小住宅」です。
限られた敷地を有効活用したシンプルな住まい空間は、オシャレでありながら機能的、生活スタイルに合わせたちょどいい暮らしを手にすることができます。

「狭小住宅の窓口」は、狭小地を活かしたコンパクトハウスの家づくり小さい家の快適な暮らしをテーマにした情報サイト。住まいアドバイザー監修のもと、狭小住宅の間取りの工夫や収納アイデア、狭い土地の上手な活用方法・狭小住宅を得意とする工務店、ハウスメーカー情報など。理想の住まいづくりに役立つ情報を発信します。

狭い家って意外と快適!?
狭小住宅のメリット・デメリット

狭小住宅の大きなメリットは、立地の良さを活かした利便性のいい暮らしができること。交通の便がよく、お出かけスポットも充実した都市部の住まいは、郊外や田舎にはないライフスタイルを重視した暮らしを手にすることができます。

その一方で、家づくりの条件が難しい狭小地や住宅の密集地に家を建てるため、建築コストが割高になりやすく、隣家との距離が近くなってしまうなど、狭小住宅には見逃せないデメリットも多く存在します。

狭小住宅のメリット
『立地の良さを活かした利便性のいい暮らし』

  • 利便性のいい都市部に家を建てられる
  • 税金や光熱費などの維持費を抑えられる
  • 小さくても個性を活かした家が建つ
  • 家族の存在をいつも身近に感じられる

狭小住宅のデメリット
『割高な建築コスト&家づくりの条件が難しい』

  • 建築コストが割高になりやすい
  • 隣接する住宅との距離が近い
  • 生活動線を工夫しないと使いづらい間取りに
  • 収納スペースが不足しがち

快適な狭小住宅の暮らし」を手にするために、狭小地の特徴や有効な活用法、狭い家のメリットやデメリット、気になる価格の目安など。狭小住宅の基本的な知識を身に付けてください。

失敗・後悔しない!
快適な狭小住宅の暮らしを手にするために

  • 狭小住宅の後悔「小さい家ってなんだか恥ずかしい…。」
  • 狭小住宅の後悔「狭くて使い勝手の悪い間取りばかり?」
  • 狭小住宅の後悔「収納スペースが不足するってホント?」
  • 狭小住宅の後悔「騒音トラブルが多いってホント?」
  • 狭小住宅の後悔「イライラしたり育児ストレスの原因になる?」

狭小住宅について、
こんな不安をお持ちではありませんか?

まずは後悔しない為のポイント
知ることから初めませんか?

狭小住宅を建てる場合、「土地の狭さや建物の制限」「間取りの工夫や収納アイデア」など、狭小地のポテンシャルを引き出す優れた施工を必要とします。さまざまな不安や悩み、少しネガティブな印象をもってしまうのも無理はありません。

まず、狭小住宅だからといって必ずしも「後悔の声」が大多数とは限りません。「広い家」と「狭い家」、どちらの住まいでも何かしら後悔や失敗はあるものです。では、失敗・後悔しない「快適な狭小住宅の暮らし」を手にするには、一体どんなことに注意をするべきでしょうか?

アイデア満載!狭小住宅の間取り
狭さを感じさせない住まいの工夫

狭小住宅の間取りアイデア・空間活用の工夫とは?

狭小住宅の魅力は、狭小地や変形地といった条件のむずかしい土地でも、住み心地にこだわった自分好みの家づくりができること。限られたスペースを広く見せる間取りの工夫には、「スキップフロア」や「吹抜けリビング」、「インナーガレージ」に「中庭(パティオ)」など、土地の広さや立地条件にあわせた様々なアイデアが施されます。

縦の空間を有効活用した狭小住宅の間取りは、収納スペースが不足してしまう問題を解消して、使い勝手のいい家事動線に仕上げることも可能です。皆さんがイメージする「狭い家」のデメリットを間取りのアイデア、レイアウトの工夫で補うことができます。

狭小住宅なら「10坪の敷地」でも生活スタイルに合わせた「快適な住まい空間」を手にできる
狭小住宅なら「10坪の敷地」でも生活スタイルに合わせた「快適な住まい空間」を手にできる

狭小住宅なら「10坪の敷地」でも生活スタイルに合わせた「快適な住まい空間」を手にできる

10坪の敷地は畳でいうと20畳ほどの広さ。およそ1DKくらいのイメージです。これだけ見れば『かなり狭い』という印象だと思いますが、優れた空間デザインと間取りの工夫を凝らした狭小住宅なら、たとえ10坪の敷地でも『快適な住まい環境』をつくることは可能です。

ただし、一般的な注文住宅を建てるのとは違って、建ぺい率や容積率といった土地制限の問題をはじめ、狭くても快適に暮らせる間取りの工夫・収納アイデアなど、狭小地のポテンシャルを引き出すハードルの高い施工が必要になります。
狭小地を広く快適な生活スペースに変える間取りの工夫、十分な収納スペースを確保して家事ラクな動線をつくる空間活用のアイデアとは何か?狭小住宅の間取りアイデア・工夫をご紹介します。